忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『終末のブラッド』

[解題]








自炊も二年やり抜けばそれなりの腕前にはなる。活きのいいイワシを選ぶ目だって養える。まな板に横たえて頭をぶった切る。子供の頃はオヤジの食いもんだって敬遠していたが、味覚も変わっていくものだ。無性につみれ汁が食べたくなった。
「痛ッ」
 とがった胸ビレが指と爪のすき間に刺さった。指先をつぶすと赤い血の玉が浮き出てきた。傷まぬうちに下処理だけは済ませておこうと、再びイワシを掴んだ。すると、指が触れた箇所がじゅくじゅくと音を立てて崩れた。もう一度、血をウロコに垂らしてみる。陽光を浴びた吸血鬼のように粉塵と化してしまった。

 自ら舐めてみても舌先が痺れるわけでもなく、鉄分臭い血の味にすぎない。こりもせず窓辺によく来るブチのノラ猫に舐めさせてやると、泡を吹いたかと思えば火薬でも呷ったかのように破裂して、ひらひらと宙を舞う毛玉だけが残った。
 ものの試しは続いた。イワシを買ったスーパーに戻り、販売員の目を盗み手当たり次第の試食品に血をつける。何も変わらなかった。唐揚げは唐揚げ、ステーキの切り身はステーキのままだ。五十手前の中年女性がステーキを頬張った。ほかの試食コーナーでも悲鳴。二十分で、スーパーは狂騒の舞台と化した。

 あとは報道のとおりだ。あまりに変質的な凶器をもってしまったがために、理性を失っていたようだ。こうも容易く殺戮に手を染めてしまったことの言い訳ではない。よくよく考えれば凶器は血だ。場所が近所界隈と来れば、鑑識にどうぞ見つけてくださいと言わんばかりの失態だった。俺は指名手配になった。
 今日で二ヶ月。人の多い都会で我ながらよく生き延びたと思う。しかしろくに飲まず食わずで、足はふらつき、頭が重く、少し休めばからの嗚咽がやまない。妙案を思いついたのは行き着いた港で防波堤を眺めていたときだ。もうこうなりゃやけだと、這いつくばって埠頭を目指した。

 コンクリートに手首を打ちつける。血は海を死滅させるだろう。この世は一巻の終わりだ、ざまあみろ。しかし血は一滴も流れやしなかった。
「うそだろ」
 貿易船の汽笛とパトカーのサイレンが重なって聴こえる。俺は枯れ木のような腕を抱きながら、今さらに気が遠くなっていくのを感じた。血が涸れてもなお生きている自身の不可思議はさておき、舌先に蘇るつみれの味を思い出しながら、埠頭の空を見上げた。
 黄昏れた空はこの世の終わりかと思えるほどに、深紅に燃えたっていた。


PR


更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]