忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『夜蛾の恋』

[解題]
心に残った小説をイメージして小説を書くことはない。むしろ映画や音楽、漫画からイメージを引き継いで書くことが多い。本作の場合、大越孝太郎の『月喰ウ蟲』が源にある。俺の趣味にはエログロとロマンチシズムが同居しているのだが、そのど真ん中を抉られた傑作である。
本作でエログロを踏襲しなかったのは、同時にKAGAYA的な夜の情景美術に気持ちを引っ張られたからだろう。
式貴士『天虫花』を読了後に書いた『爛夜花』(『煌夜花』に改題予定)を参照すると一目瞭然だが、やはりこれらエログロマンチシズムは潜在的に眠っていた俺の財産なのだと気がつく。




 夜蟲灯は燈っていたが換え時なのだろう、随分ぼんやりしている。灯の環に巨きな蛾が一匹居座っていて、炉澪と樹鈴土みたいねと妻が笑った。
「ろみおとじゅれと? なんだいそれは。故事かい」
「ドラマよ。毎週月曜の九時から」
 ほお、と相槌を打ったが大した興味はなかった。新聞は政治経済と社会欄しか見ない。
「結ばれない男女の物語なの。きっとあの蛾は灯りのなかの蟲に恋をしているんだわ」
「またまたそんな」
 夕餉の牛肉巻を食みながら停泊した蛾を見詰めていると、目に嵌めたレンズの調子が悪いのか、光に気圧されて焦点がちかちかと揺らいだ。視界には落ちるとも舞い上がるとも見紛う微細な浮埃が漂っているのだが、黄土色の翅が視界に入ってしまうとどうも振り撒かれた麟粉のように思えて仕様がない。にしても奇抜な紋様だ。
「外に逃がそうか」
「いいえ。そっとしておいてあげて。悪気はないんだもの」
 妻はそう云うけれども。

 近頃、蛾が異様に殖えた。先の領海統合のために来航した北方土人が、悪意なしに連れ込んだとも云われている。確かにあの蛾は見覚えのない種だ。温暖な気候のせいで過剰繁殖したのかもしれない。夜は九時を回ると、懺悔河を渡る橋の翳りに、大鋸屑のような巨蛾の集りが纏まっていたりする。子どもが悪い夢を見るのも当然だろう。一日中、あれが何処かしらで屯っているのを見るのは気味が悪い。ましてや食事中となると……。
「目に毒だな」
 私がつい口にすると、妻は悲しそうな顔をする。
 外気に触れると肌が爛れてしまう奇病があったとして、否、実際妻がそれに罹っていて、軽量ポリ素材のスーツが全身を覆い、食事を摂るにもチューブを通した流動食でなければならない。肉体を同型の容器に包装された彼女は、環のなかの発光蟲に自身を重ね合わせているのだろう。気持ちは分からないでもない。だが生身むき出しの私は私で、麟粉に触れやしないかという不安感を蔑ろには出来ないのだ。
「逃がすよ」
 妻の返事を待たずに、私はフォークを置いて、傍らの新聞紙を折り畳んで蛾を捕まえにかかった。大人しく新聞紙に埋もれた蛾は、窓から外に投げた途端に、殺虫熱線の入り乱れる家庭菜園から上空へと羽ばたいていった。
 食卓で私の行動を物言わず見ていた妻の頬、指を伸ばすと硬い感触の下には確かな体温。

 私たちは互いに互いを莫迦だとやっかむことは出来ないのだが、それはそれで狂おしく思う夏の夜更けだ。
PR


更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]