忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『虹の街、モノクロ位相』

[解題]
時に世界はまばゆく感じるのである。今はそう容易にことばにできるが、執筆当時はこの話がなんなのか自分でもわからなかった。タイトルは平沢進『TOWN-0 PHASE-5』から来ているはずだ。色彩の猛襲という点ではまぎれもなく今敏監督作品のオマージュになるだろう。けれどもそれが破綻しているように思えるのは、暈色層主人の背後に実在する統治者の影が覗けるからだ。こういう現実を
半端に踏襲する作品は偉くもなければ、語り甲斐もない。
太陽がまぶしいのか、街がまぶしいのか、要はそれだけだったのに。






昔の話である。今では暈色層主人の姿を模した石像で埋め尽くされているこの街も、花々が咲き誇り、緑の枝垂れが通りの屋根となり、グラデーションの際立った店の看板が陽の光を浴びて生き生きとしていた時代があった。人々の声も快活で、何より喧騒に子どもの声が混じっていた。


 かくれんぼがすきです。かくればしょはじゅんしょくがにんきです。ぼくはあしがおそいのでいつもさきをこされます。
 だからめだたないいろにかくれます。いろがめだたないとぼくがめだってしまいます。じゅんしょくはいろがめだつのでかくれてもめだたなくなります。だからにんきなのです。


 その友人の名前はすでに記憶から失せている。苔むした石畳を駆ける後姿だけ覚えている。その日以来、彼の姿は見えなくなった。家々の住人が慌てふためき、警察が動き出したが結局見つけ出すことは出来なかった。
 行方を知らないか、と何遍も問い質され、そのたび首を振った。何も知らない、何も見ていない、返事は頑なだった。


 ほんとうのことをいいます。くさむらにとつぜんはいいろのあながあいて、おとこのひとがあらわれました。おいでおいでとてまねきをしました。こうえんにたつモニュメントのてっぺん、まっかなたいようのモチーフにかくれていた、……くんが、はしっていきました。
 ここにかくれるといい、ぜったいみつからない、おとこのひとがいいます。ぼくはそのときふんすいのみずいろにかくれていたのです。……くんは、あなにはいっていきました。おとこのひとがバイバイをするとあながなくなってしまいました。


 あの穴は本当に灰色だったのか、今思うと燦然と煌く虹色だったような気もする。歳を重ねるにつれ、視野がくすんでいくのが分かる。あの頃の灰色は、いまでは眩しすぎる。暈色層主人が自身の豪邸に色を蓄えているおかげで、私たちは目晦ましから守られているのだ。


 あのおとこのひとはまちのひとをだまして、いろといういろをひとじちにして、えらくなりました。みんな、しっているのに、かくしているのです。よけいにめだつのに。


 日に一度の定刻の挨拶だ。街頭ビジョンに映るその顔はモノクロだが神々しい。物静かな街に立ち、私たちは崇める。豪邸に招かれ戻って来ぬ子どもたちは、色とりどりの物に囲まれ生を謳歌していることだろう。いいのだ、いつか色から解き放たれて街に戻ってくる頃、気付くだろう。
 暈色層主人の、野蛮な偉大さに。
PR


更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]