忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『1/10000 for you』

[解題]
テーマは悪魔の発明。だから、背中に羽根がある。けれど、天使ではない。
1000文字小説を書き始めて間もない頃に書いたもので、後の『脳を漬ける』を彷彿とさせる手触りだが、適当さは『空飛ぶマタドール』に匹敵するだろう。
どれもこれもいわゆるショートショートを意識したものである。



 貴方に、人生で最高のプレゼントとして、この変哲のない、ちっぽけなスイッチを差し上げよう。
 このスイッチ一つで、この星は滅亡する。つまり貴方が貴方の人生を終わらせたいと考えた時に、この世の全てを道連れに出来るのだ。死ぬ時は誰もが孤独な旅に出る。だが、世界の何処かで同じような旅人がいると思えば、不思議と寂しくはないはずだ。
 貴方がいつどこでスイッチを押すかは貴方にお任せするが、あまり時間を遅らせていると、誰かに先を越されてしまうかもしれない。
 このスイッチは一万個造られた。そして今、一万人の手元にある。
 貴方が押さなくても、他の誰かが押すかもしれない。たとえば貴方が幸せの絶頂にいた時、この星の裏側で人生を悲嘆し途方に暮れた男が、思い詰めてスイッチに手を伸ばすかもしれない。あるいは、悪戯半分で押してしまう愚か者もいるかもしれない。
 そんな彼らに世界を終わらせていいと思うかい。どうせなら絶望の淵にいる自分に都合の良い時、良い瞬間に終わらせたいと考えるだろう。
そう、それが正解だ。
 この世界は貴方だけのものではないが、誰かのものでもない。誰にも終末の時を決める権利がある。もちろん、貴方にも。それを叶えてあげたいと思ったのだ。このスイッチ――なに、金はいらないさ。ただ私の発明を実演してもらいたいだけだ。さあ、どうする。早い者勝ちなのだよ。選ばれし素質を持つ貴方だ。いい選択を期待している。もし、それでも押さないというのならば……。


「10000個だそうだ」
「そんなにあったんか。悪魔もようやるな」
「まったくだ。これ以上仕事を増やしてどうする」
「あちらが繁盛しても、こちらの不況は変わらんし」
「9999個のスイッチだって、一度滅んでしまえば星と一緒に御陀仏……リスクもデカいがバックも大きい。悪魔だけには」
「そういうことだわな」
 独房の前で談話をしている二人の刑吏官の背後で、しきりにスイッチを弄んでいる男がいる。
「どっちにしろ、お前の持っとるスイッチは何の役にも立たんというこっちゃ」
 独房の男はスイッチを幾度も押しては、子どものように喜んでいる。
「自分の星を滅ばせて何が面白いのだか」
「もう滅ぶもんはないんだろうに。いつまでいじくり回しとるんだろ。とうとう頭いかれちまったか」
 刑吏官の背中には白い羽根。二人は揃って大きな溜め息を吐く。
「ったく、脳の発達が成っとらん。……これだから地球人は」
PR


TRACKBACK

Trackback URL:

更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]