忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『クリトリスの摩耗』

[解題]
異種間交配を先鋭化させるべく、タイトルを見てお分かりの通り非常に下衆なアプローチを取っている。描写が観念的でイメージとして捉えづらいこと、段落ごとの時制が飛躍的であることなど、親切ではないのが残念なところ。
『+1』と同じくあえて対する存在に具体的な造形を用いなかったのは、前者は人でなきものを不明瞭に描くべきであり、後者は生物学的な縛りを超越するべきと考えた故である。


 そそり立つ光の柱は暴力的だ。
 硝子ごしに感じるプラズマの熱と眩きは、人間へ嘔吐きを誘うに充分すぎて、研究員たちは足許を探るように肩を下ろしている。そんな中で、わたしは石塔の如く、一寸の身震いも奪われて、伸び上がる光の柱を見詰めていた。
 柱に囲まれて、電気を通さぬ原始銀の長方形を刳り貫き綿毛布を敷いた、この時代、この上なく高貴な揺り篭が置かれている。寝そべる赤子の頬は、瞬間に七色に、瞬間に切れたランプのシェードのように、色彩と明暗を変え、ああ、この子は人間ではないのだなと母親になる女に改めて痛感させる。
 この時間が過ぎればきっとインタビュアーに迫られるだろう。如何なる気持ちか、間際に吐露しなければならないという緊張もあった。不謹慎が過ぎると思う。
 大半の人間は――おもにメディアに顔を出すものたちは――わたしに罵声を浴びせるだろう。例の団体の影響は凄まじく、わたしと同じ境遇の女たちは、気を偽って生活しなければならない世の中だ。悪魔の眷族だと、蔑まれる。
 五本柱の屋根は、銀の円盤。彼らは触手や触覚を持つような、刷り込まれた通りの姿ではなかった。意思を持つ電気体は、地球上で過ごすにはあまりに強力で、円盤が成層圏を越えた瞬間から、暗澹に包まれた都市を眺めると理解は容易い。
 見るもおぞましき星間受精。見かけだけ人間の形を成した赤子は、首を僅かに動かして、プラズマに埋もれた地球の大気を感じ取った。母親を探しているのかもしれない。
 あと七百パーセク。窓に寄ったわたしを技術者が制止した。

 あと二百パーセク。
 時を待ちながら、わたしは下腹部を押さえていた。失ったと思っていた疼痛がここに来て蘇った気がした。まだ体は機能を終えていない、そんな気さえした。けれども、それはない。皺の浮いた右手の甲を見据えれば、重ねた齢は無視できないのだから。
 裸体を社会に曝し、仕事と称して数多の男と目合っていたあの頃、まさかこんな将来を迎えるだなんて想像もしなかったけれど、後悔はしない。磨り減らした女性性の内側に残ったのは母性だった。高齢化、孤独死。老女の住み場がない世の中に、望むのはただ己の手でわが子を抱くこと。
 これまでの人生もこの覚悟も、蔑視されると分かっているから、わたしは幸福のまま宇宙に出られる。重力から解き放たれて、人外の赤子とともに第二の人生を送るのだ。

 まぁ、なんてかわいいわたしの赤ちゃん。
PR


更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]