忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『《魔美ちゃん》のビー玉』

[解題]
テーマは蒐集家(コレクター)。小生のコレクションを並べれば、エログロだったりアンソロジーだったりRAP MUSICだったりウルトラマンだったりB級ホラーだったりビックリマン2000だったりビーストウォーズだったりデジモンだったり枚挙に暇がないが、藤子・F・不二雄フリークでも負けない。よって人物名は……皆まで言うな。Sukosi Fusigiな世界観。作中の少年たちの年代によって、読み方も変わるかもしれない。

《魔美ちゃん》のビー玉は、同級生の藤本だけが持ってた。
 数で僕が負けたことはなかったのに、学年のアイドルだった《魔美ちゃん》のビー玉を藤本が手に入れてから、男子の間では藤本が一番のコレクターと呼ばれるようになってしまった。毎日、休み時間になっては、それまで話をしたこともないくせに、別のクラスの男子がさも親しげに藤本を訪れる。藤本が大事そうに手の平に乗せた、綺麗な空色のビー玉の中心で、暇そうに佇んでる《魔美ちゃん》を愛しそうに眺めてくのだ。そんな時決まって魔美ちゃん本人は、照れくさそうに友達に小突かれながら、満更嫌ではないような素振りを見せる。僕は面白くなかった。
 僕のクリアケースには、この半年を費やしたコレクションが詰まってる。《美宇ちゃん》、《静ちゃん》、《美代ちゃん》、《エリちゃん》、《ルナちゃ ん》……。どの子も、ルックスは中の上。コレクションを彩るには申し分ない。でも、ダメだ。《魔美ちゃん》には敵わない。それは僕自身が一番気付いてい た。コレクションを脇に抱えて、藤本を呼び出したのは夏休み前のとある日。
 クリアケースの中にびっしり詰まったビー玉を見せると、一瞬だが、藤本の目は輝いたように見えた。しかし彼は頭を振り、「交換はできないよ」とあっさり断った。
「交換はできないけど、そんなに君が“これ”を欲しいと言うんなら仕方ない。あげるさ」
 彼はポケットから《魔美ちゃん》のビー玉を取り出すと、僕の手の平に握らせた。
「僕にはもう必要ないからね」
 すると、藤本はくるりと踵を返し去って行った。その先には本物の魔美ちゃんが待っていて、仲良く手を繋ぎ歩いてく。
 突然のことに動転しながら手を開くと、確かにそこにビー玉はあった。《魔美ちゃん》がいる。でも、ぴたりと固まって動かなかった。ということは。本当の魔美ちゃんが藤本を恋人に選んだ証拠。実像は消え、虚像だけが残される。それはもう空っぽ同然だった。
 これが僕が欲しかったものなのだろうか。
 あんなに欲しかった《魔美ちゃん》のビー玉は美しさがちっともない。魔美ちゃんの姿を模した人形が封じてあるだけだ。憧れの《魔美ちゃん》はもうどこにもいない。本物の魔美ちゃんとどこかへ行ってしまった。
 なのに……それでもそんな《魔美ちゃん》に見とれてしまう僕はこの先、果たして誰かを本気で好きになることが出来るのだろうか。
 ねえ、教えてよ、《魔美ちゃん》。
PR


TRACKBACK

Trackback URL:

更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]