忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『幻獣料亭』

[解題]
モンスターハンターなる蛇足な言葉を付加したことにより、無駄な印象を預けてしまったという。小生は件のゲームを名前こそ知っていながらやったこともないしやりたいとも思わないのだが、そこら辺嘗めかかっていた。そこまで意識はしてなかったのだがなあ。むう。
着想から小一時間で執筆完了というのは中々ない。この作品は作者としても珍品だった。
作中、料理の説明が諄諄としているのは、サービス精神の賜物であるが、いわゆる料亭や老舗小料理屋での女将による口上をイメージとしている。もう食べてもいいか?と思われたら本望。和食の風情ながら、日本産の幻獣が登場しないのは、日本のものとなると妖怪という呼び名を尊重せざるを得なくなるためで、あくまで『幻獣料亭』のこの店には不釣合いだと感じた次第。
ところでカップラーメンもたまに食べれば美味い。喰いすぎはオススメしない。




 数年来に会った友人が、今夜は奢らせてくれとせがむので、行きつけだという料亭に行った。仕事を探すと言い残して彼が姿を消すまでに、私が奢った回数は覚えていない。金額は相当なものになるだろう。出世払いとは言っていたものの、行きつくあてのない献金をしていたようなものだった。久々に会った彼の身なりはきちんとしていて、皺ひとつないスーツで、髪はジェルで固めていた。
 個室に入り座椅子に腰を下ろすと、すぐにお通しが来た。小鉢の中に、くすんだ緑色の木の根が盛られ、黄土色のソースがかけられている。女将はマンドラゴラの酢味噌がけですと言った。
「マンドラゴラ?」
 聞きなれない食材の名前に私が聞き返すと、女将はイングランド産ですと聞いてもいない原産地を教えてくれた。とりあえず、塗り箸で口に運ぶ。多少の苦味。濃い目の酢味噌とよく合う。
 次は、握りの寿司。しかし普段見慣れたネタはない。蛸の一種かとも思われる深緑色の魚介類はクラーケン。歯応えは思ったより軟いが、身のざらつきは癖になる。焦がした鰻に似たヒュドラの蒲焼は、ほんのり香ばしく、鉄分臭さが独特の風味を醸し出す。牧神パンの握りは、一見白身魚のようだが噛むと獣臭さが口内に広がる。神クラスとなると稀少らしく、女将がこっそり耳打ちしてくれた時価は、到底私のような凡人には支払えない額だった。癖のない上品な味。馬刺しの握りかと思ったものは一角獣で、見た目こそ馬肉だが、滑らかな舌触りと甘い香りが特徴的だった。
 次から次に料理は出てきた。切り身のステーキは、ペガサスとミノタウロスの肉。ペガサスも馬肉で、刺身に出来ないのは一角獣より血合いが多いかららしい。メドューサの血から生まれたのだから当然ですわ、と女将は笑う。ミノタウロスの肉は固かったが、脂身は少なく、聞けば歯ごたえは人肉と同じらしい。中国産飛龍の鍋。バジリスクのつみれと、ガルーダの串焼き。友人は不老長寿になるという人魚のカルパッチョを頼んだが品切れだった。酒は吸血鬼の血液の白ワイン割り。赤ワインと見た目は変わらない。酒がよく回り、デザートには夢魔の乳で作った杏仁豆腐……。

 翌朝、部屋で目が覚め、二日酔いを労わりつつカップラーメンを啜った。美味しくもなんともない。ラーメンを流しに捨てると、私は身なりを整え、美味なる食材たちを探しに旅に出た。
 かくして、私はモンスターハンターへの道を歩み始めたのである。
PR


TRACKBACK

Trackback URL:

更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]