忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



読書感想に代えて

昨今、上げた感想(読書メーター、ブクログ、amazon)のまとめ。


もちろん[11 eleven]と[開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―]。



[11 eleven]
nirei >> 11 eleven
11 eleven 唯一の書き下ろしである『微笑面・改』の予想を上回る改 変には驚き。実際収録作は傑作ばかりだけど【綺譚集】のくどいまでの怪奇幻想趣味を愛していると塩味や油分が足りない気もする。とはいえ【綺譚集】を読ん で頭にドスンと来たものが、本書を読んで心にズドンと来るものと似ているようで、これもまた妙味と呼ぶべきか。前者が実験的コンセプトアルバムだとすれ ば、本書はB面ベストという感覚。《追記》逆か。前者がA面ベストで、本書が前衛的コンセプトアルバムなのかも。とりあえず名盤の双極であることは相違な い。薦めやすいのはこちら。
http://book.akahoshitakuya.com/b/430902047X


11 eleven


津原 泰水  r0bot21thさんのレビュー   登録日:2011-06-18
 
グロテスクの美学に彩られた前作(?)【綺譚集】は間違いなく生涯ベストの枠に入る作品集だった。最早、単独短篇が集ることはないのじゃないかという不安こそあったが、昨今の目覚しい活躍を受け、実現も近いそんな淡い期待がようやく叶った。

その実、幾許かの物足りなさはあったものの、【綺譚集】とは打って変わったスタイリッシュな物腰に成熟さえ感じられた。
最早今後の作者を語るに必須の傑作『五色の舟』を筆頭とするあたり、ちょいと世界を開きすぎ?と訝しんだりもするのだけど、潜った扉の先にある奥深さは笑けてしまうほどの驚愕、感嘆でもって痛感させられる。
正 直、【綺譚集】は起伏の激しさゆえに、読感が馴染まないものもあった。けれども本書、それすら、ない。一編一編の出来栄えは超絶ながら、いくらでも相互補 完し合い、総体的にみて本書を傑作と呼べる所以になり得るのに、そんな隙さえ与えられず、“完璧”という言葉でしか形容できなくなっている。
【綺譚集】で顕著だった文体、文章の力は緻密さそのままにより洗練され、釉薬をかけたように物語の力が増強されてしまったわけだ。
だからこそ纏まりにかける印象もあったりするんだけれど、それはきっと本書が備え持つ小説の力とやらが、僕の容量におさまりきれないせいだろう。
これでまた小説が好きになった。
http://booklog.jp/asin/430902047X


 
11 eleven
 
11 eleven
津原 泰水著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,785
在庫状況: 在庫あり
 

5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 津原泰水は罠師である。またしてもその罠にひっかかってしまった。, 2011/7/3
レビュー対象商品: 11 eleven (単行本)
綺譚集フリークの身としてはこれが最高傑作と謳われるのをよしとしたくないんだけれども、個々の作品の出来はこちらの方が断然上。
言わば荒削りな中に毒性にも似た熱量が文脈から零れていた『綺譚集』と違い、精巧であり緻密な造花を思わせる『11 eleven』のそれはとても冷ややかで、零れ落ちる寸前に凝固しこちらを睨んでいるかのよう。

だからこそ『綺譚集』は一編一編から洩れた熱量が、一冊から放たれるアトモスフィアへと至り、類稀なる短篇集としての風格へと転じていたわけだが、
一方の『11 eleven』は暴力的な威風を感じさせることなくただ頑丈な砦としてそこにある。半ばスタイリッシュとも思しきその佇みを信頼し、門を潜ってみると、天 井にも壁にも抜け穴ひとつきりなく息詰まる空間に情念が渦巻いているのを見る。逃げようかと案ずる暇もなく、壁の冷たさに肝を震わしながら奥へ奥へと進む しかないのだ。

さながら……、
極彩色と至上の甘みで惹きこむラフレシアの如き、血塗られた『綺譚集』。
灰色の砂地に身を潜め、疑似餌を揺らめかしながら獲物を待つ深海魚の如き、静謐なる『11 eleven』。

いずれにせよ、津原泰水は一流の罠師である。その罠に嵌れば苦痛である。苦悶である。
だがその罠から解き放たれたときの、虚しさといったらない。
そうしてまた新たな罠が捕えてくれるのをひたすら待つのだ。罠の感触を幾度も味わい、反芻しながら。
http://www.amazon.co.jp/11-eleven-%E6%B4%A5%E5%8E%9F-%E6%B3%B0%E6%B0%B4/dp/430902047X/ref=cm_cr-mr-title


[開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―]
nirei
>> 開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・
開かせていただき光栄です―DIL "先入観なしに……"と登場人物に語らせておきながら、 こちらの先入観を利用して、哀しく血腥い悲劇の物語をこんなにも爽やかに可笑しく描いてみせる。詩の才と識を持つ少年に与えられた不条理を挫傷的に織り込 みながら屍体の謎を追うと見せかけ、事件の裏に隠された"大きな親切"と法の駆け引きへと変じていく。やがて空だった棺を開くと、積み上げられた歴史の隙 間に輝く若き天才たちの青春と出逢えた。―――まことに、まことに、開かせていただき光栄です。少年の安らかな死に顔と、手錠、ナイフ、ペン……入り乱れ る紅い表紙を。
http://book.akahoshitakuya.com/b/4152092270


r0bot21thさんのレビュー   登録日:2011-07-23
著者の集大成にして新境地……前者に関して少し腑に落ちない点があるものの、読み始めてまず驚いたのはこれまでにない読みやすさだった。文章や描かれる事象に酔うという感覚が殊更薄く、キャラクターで攻めてきたところが新しいといえば新しいのかもしれない。

解剖教室、天才細密画家と会い交える天才詩人、増える屍体とそれに施された紋章学に因む暗号、盲目の治安判事、密室……鏤められたミステリーのガジェット は、沸き踊る登場人物たちの画策と喧騒に乗せられ、才能を持つがゆえにその足枷を引きずる者たちの悲痛を交えて語られていく。

それぞれが秘めた他者への思いが結実するラスト……師でありながら愚かさを前面に押し出されたダニエルと彼を取り巻く五人の愛弟子たち。
盲目ゆえに妻の顔も知らず、他人の手の温もりと匂いと音で、真実とその向こうにある人間の心を探らんとする治安判事。軽蔑の目を耐えながらその助手を務めるその姪。
彼らの別な物語を楽しみたいと思うのは俺だけではないだろう。
人間を描くミステリーとはこの作者の作品をいうのだ。

詩人の成長も、道化役者たちの今後も、ますます気になる。
いつもの皆川作品とはまた違った読後感。それは哀しくも爽やかであり、やはり可笑しささえも残してくれた。
傑作と呼ぶに相応しい極上のエンターテインメント。

いくつかの誤植を見つけたが、それはそれ。
なぜ★が4つに留まったのかといえば、やはり眩惑感が恋しくなったせいだ。
http://booklog.jp/asin/4152092270


 
開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
 
開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
皆川 博子著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,890
在庫状況: 在庫あり
 

5つ星のうち 4.0
さながらZanies(道化役者)のよう。
, 2011/7/23
解剖教室を舞台に、突如現れた四肢を失った屍体と、顔を潰された屍体。
目の当たりにした教室の主・ダニエルと五人の愛弟子は、治安判事からの依頼に併せ身の潔白を証明するために謎を追う。

一方、屋根裏部屋で見つけた<十五世紀の詩篇>と自身の創作詩を持ち、ロンドンを訪れた少年・ネイサン。目的は書物を出版・販売しているティンダル書店へ持ち込むことだった。書店を訪れて間もなく、準男爵令嬢エレイン・ラフヘッドと知り合った彼は一目恋に堕ち……。



冒頭から時系列を飛び跳ね、描かれるそれぞれの思惑。事件の様相、時代の潮流こそ、血腥い悲劇の連続でありながら、一貫してユーモアが織り込まれた前半はやけに読みやすい。
冒頭現れた屍体の正体、事件のトリックは早々に解き明かされていくが、次第にその背後にある二重三重の策略が捜査を撹乱させていく。その中心にあったのは、才能と、それを餌食にしようとする者への抗いだった。

内臓から削ぎ落とされた邪魔な脂肪は、犬のバケツに入る。
肉付けされた一連の事件もまた、解剖され、削ぎ落とされた悪しき策略と"大きな親切"は、空の棺のなかの空虚となる。犬の糧どころか、残された人の悔いとなって残る。

これほどまでに悲劇的な物語でありながら、空虚とやらは爽やかで可笑しみもあり、事件以前より遥かに目映い。
なんなのだこの物語は。……ひどく哀しく、ひどく滑稽。まさに道化だ。
そして、それらを描ききった後、最後のおもてなしと言わんばかりに特別付録とやらを載せ、アルファベットの最後の文字とともに退場していく。この手口。
まさに、作者こそ非凡な道化役者のようだ。
まるでタイトルそのものが前後の口上であるかのように。
www.amazon.co.jp/%E9%96%8B%E3%81%8B%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%8D%E5%85%89%E6%A0%84%E3%81%A7%E3%81%99%E2%80%95DILATED-MEET-YOU%E2%80%95-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E7%9A%86%E5%B7%9D-%E5%8D%9A%E5%AD%90/dp/4152092270/ref=cm_cr-mr-title


んー、圧巻。

なんだこれ(笑)


PR


TRACKBACK

Trackback URL:

更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:32
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]