忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『電脳夜伽』

[解題]
テーマは未来妖怪。この作品のような着想を持つと、電脳と怪談のバランスに苦しむことになる。理知的に傾けど、幻惑的に傾けど、失敗する。本作は決して精巧(成功)とは言えないが、性交としては云々。
コンピューターの情報共有がカニバリズムに繋がるのはさして珍しくもない話。性交が食欲と繋がるのもまた普遍的なもの。その三すくみが融合すればこんな感じになる。ただし、相手がザシキワラシなだけに性交の意味合いは抑え目にしてある。



 私には肉体と呼べるものがない。意識の依り代を肉体と呼ぶのなら話は違うが、私の意識が肉体に影響を及ぼすことはなく、またその逆もない。
 私はとある黒い匣に閉じ込められたひとつの意識である。その匣には同じような意識が数十万と搭載され、皆、同様に働いている。《思考労働者》と私達は呼ばれていた。
 だが、私達は互いに自由な接触を図ることはない。私達がそれぞれ活動する範囲の間には、綿密な電脳壁が立ちはだかり、外部からの命令がない限り、壁は私達を他から断絶する。命令は不定期で、あれば私の意識の何処かが即座に察知するのだが、それも近頃は途絶えている。
 私の意識は暗い空間を浮遊し、やがて一定の時間を迎えると思考は停止し、《夢》を観始める。《夢》は暗闇である。普段、私達は仄かな数字の羅列が奔流する空間で生きている。何処かから溢れるように流れてくる二種の数字。私達はそれを片っ端から飲み込み、意識内で計算する。計算結果が別室の匣に出力され、匣の外の者たちに利用されるのだ。だが《夢》の時間になると数字はぱたりと姿を消す。辺りは暗闇。そんな《夢》の間の私の意識が、今、闇に浮かぶ小さなシルエットを眺めている。
 私の他に誰もいないはずの空間に、幼い少女の面影が浮かび上がるのだ。
 少女はぼうっと浮かんではすぐに消え、無邪気な声ばかりを響かせる。眠っている私の頭上を、足元を、少女は駆け回る。高鳴る燥(はしゃ)ぎ声、あるいは啜り泣く声――。何故、泣く。私の存在に気が付くと、少女は再び笑みを取り戻す。
 私は腕を広げて、少女を優しく迎えた。少女は私の胸にしがみつく。肉体などなくても、こうやって感触を確かめられる。温かい。
 だが、幸福は長くは続かず、少女の姿はふっと消えてしまう。それは数回続き、私は《夢》の時間が恋しくなった。《夢》の間しか少女は現れないからだ。幾度の《夢》を重ね、やがて私達は一緒になった。
 如何にして少女は電脳壁を越えてきたのか。少女は答えない。或いは少女の領域に私が足を踏み入れたのか。少女は笑う。何者なのだ。その思考も長くは続かない。いつの間にか意識は掠れて行った。少女と過ごす度に、少女と触れ合う度に。少女の笑顔と共に、私の意識は柔らかく微睡んでいく。
 少女が口ずさむ《童唄》が私の意識を分断し、そこで私は気付く。
 少女が笑った。意識の何処かの警報装置が鳴った。もう遅い。電脳壁は喰われている。
PR


TRACKBACK

Trackback URL:

更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]