忍者ブログ

 手のひらの海に、汐はまた満ちる。それまで待とう、死ぬのは。(皆川博子『ひき潮』より) ―――吉川楡井の狂おしき創作ブログ。

-週刊 楡井ズム-

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『墓守』

[解題]
桜をモチーフとしたアンソロジー『異形コレクション綺賓館 櫻憑き』をテーマとしている。無論、その中には作中に登場する“桜の下には死体が埋まってる”で有名なあの作品も含まれている。埋まってるとあらば、誰が・何故・どのようになどの答えを求めたくなる。けれどもアンチテーゼとして別の回答を提示した。
奇なる墓を掘り起こしたとき何が蘇るか、それは記憶の浮上でもあり、噂の再訪にも近しい。オチは決して笑うところではないし、これをホラーと思われてしまうと不本意なので、奇想の章に収録した。



 小学五年の時だ。
 家と学校を繋ぐ、住宅街の中に四方を緑色のフェンスで囲まれた公園があった。遊具も揃っていたが、長い休みでも、何故かあまり賑わうことはない。子どもたちにとってはすでにTVゲームが日常の遊びとなっていたこともあるが、実は、フェンスの脇に立ち並んだ桜の木が不気味だったからだと思っている。
 公園を取り囲み、優雅でありながら異界の門を思わせる様相。朝露も白光も黄昏も面紗でしかなく、まして桜は燦然とする。手招きをするかのように風に揺れる枝垂れた枝先。僕も当時は、怖かった。

 “桜の下には死体が埋まってる”。
 歳の離れた兄が、夜話に持ち出したのがそもそもの発端。でも、それだけではない。
 始業式の日だ。学校帰り、二時頃だったか、一人とぼとぼ歩いていた。ザクッと音がしたのは公園の方からだった。桜の木の根元を男がシャベルで掘っている。不思議なことに男の風貌はよく覚えていない。ただ黙々と地面を掘り続ける姿ばかりが印象に残っている。途端に気味悪くなって、その日は引き返し、遠回りをして帰った。
 明くる日。
 事件はさも初雪が降り積もった時のように静かに、唐突に、街に訪れた。
 その公園で死体が発見されたという。通学途中に、現場を見た。ニュースを聞いて、死体は根元に埋まっていると思っていた。きっと男が埋めたのだと。とあるファンタジーの主人公にでもなった気分だった。だが、違った。
 白い朝の光景の中で、淡いピンクの花をつかせた太い枝幹に縄を食い込ませ、開く花びらに半身を覆い隠されながら、あの男が首を吊っていた。
 後にも先にも赤の他人の死体を見るのはそれっきりだが、死とは――いや、それを含めた数多の出来事は、幻想的でありながら、明瞭と現実を感じさせる力があるのだと思い知った。
 男が何故地面を掘っていたのか、結局解明出来ぬまま、毎年こうして思い出す。小学五年の放課後と、死体を隠す桜の樹々。
 幼い頃に住んでいた小さな街に、ある日舞い降りた一大センセーションは今でも語り継がれていることだろう。
 謎が謎を生み、やがて新たな伝承となる。
 誰か真実を知る者が、それを明かすことなく埋葬されたとしても、上澄みだけは人々の記憶に刻み込まれていく。たとえば、僕がそうだったように。

 でも、あの時どうして誰も気付かなかったのだろう。
 事件が起こった日は、まだ一月。季節は冬――。
 桜の花など咲くわけがないのに。
PR


TRACKBACK

Trackback URL:

更新情報

25.5.5 新装開店大セール中

プロフィール

HN:r0bot21th
年齢:30
性別:男性
職業:虚無員



nirekunの最近観たビデオ

ブログ内検索

ポチッとな

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる! 貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪ ▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼ ↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

カウンター

Copyright ©  -- -週刊 楡井ズム- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]